支援プログラム

Ⅰ.進学支援

対象者
大学・専門学校等の進学を希望する被災地の高校3年生
募集要項に則り、在籍する学校長の推薦を受けること
支援内容
受験料・交通費・滞在費を当団体規定に基づき給付する
支援規定
受験料:大学入試センター試験および2校までの受験料を支給
但し、受験料免除となった場合は除く
交通費:自宅から受験地までの主要交通機関の費用を支給
滞在費:1泊につき5,000円を上限とし一般宿泊施設を利用する場合のみ支給
支援の流れ

東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査(2010年度)」によれば、受験料は大学入試センター試験が18,000円(3教科以上受験の場合)、国公立大学の2次試験が17,000円、私立大学受験が約35,000円、私立大学医学部受験が約60,000円となっています。そして受験生の平均受験大学数は6~8大学になります。
また、受験費用のほかに遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要になります。先の調査によると、大学受験費用(受験料・交通費・宿泊費)は、自宅通学者が平均205,900円なのに対し、自宅外通学者が平均239,400円となっています。
たとえば被災地である仙台から東京で受験する場合には、交通費として約16,000円(往路に新幹線、復路に高速バスを利用した場合)かかり、滞在費は一泊約6,000円(ビジネスホテルのシングルルーム使用の場合)となります。

▲ TOP

Ⅱ.国際交流支援

対象者
被災地の高校生
募集要項に則り、在籍する学校長の推薦を受けること
支援内容
インターネットのビデオ通話を介し『話す・聴く・読む・書く』を通して、英語に慣れ親しむ機会や外国人・異文化に対する理解を深めるための国際交流の機会をつくる
必要な機材・通信費等は当団体で負担する
※各支援を希望する学校関係者の方は、こちらからお問い合わせください。
▲ TOP